【エステナードソニック】美顔器情報局

肌のピークは19歳、20歳から老化対策を!

老化とは「水分」を失っていくプロセスです

自然界のものはすべて水によって生かされ、水が不足することで枯れていきます。

人間も同じで、カラダの水分割合は赤ちゃんの80%をピークに20歳で60%、70歳で50%まで減少、
お肌の水分量はさらに減りが早く、10代後半でも20%~25%、60代には15%前後まで
減少するといわれています。

お肌のピークは19歳。人生の大半が“失われていく水分との戦い”といってもよいでしょう。

まだ若いから・・・このヒトコトが老化のはじまり

30代から目立ちはじめるシミ。実は、その多くが加齢によって出てきたものではなく、
若い頃に浴びた紫外線の記憶だといわれています。
また紫外線によるトラブルはシミばかりではありません。

紫外線はお肌をささえるコラーゲン組織を破壊してシワやたるみをまねき、
さらに保湿力も低下してシミの黒化、かゆみ、湿疹、肌あれが起こりやすくなってしまうのです。

紫外線トラブルが深刻化している今、まだ大丈夫とばかりに無防備な若い女性たちが心配です。

「20歳を過ぎたら老化対策を!」を合言葉に、若い頃から一歩進んだスキンケアを心がけたいものですね。

お肌がヤセるということ

年齢とともにお肌の土台がくずれた状態を、“肌がヤセる”と表現することがあります。
お肌の弾力成分が減少して真皮層が薄くなる(=ヤセる)、ちょうどフカフカだった布団が
薄くつぶれてもどらなくなる様子と似ています。

年齢肌(ダメージ肌)って?

年齢肌の外側

  • 乾燥している
  • 荒れている
  • たるみ・シワが目立つ
  • シミ・くすみが目立つ
  • 毛穴が目立つ

年齢肌の内側

年齢肌の内側

■表皮層
新陳代謝が低下して表皮が厚くなり、透明感がなくなります。
紫外線や乾燥など外からの刺激を受けやすくトラブルが起こりやすい状態です。

■真皮層
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が相対的に減少して真皮層が薄くなっています。
いわゆる”お肌がヤセる”状態で、シワやたるみの原因となります。

エステナードソニック 美顔器
Copyright © 2011 【エステナードソニック】美顔器情報局 All Rights Reserved.